Blog

お知らせや日記

 

スクールカメラマンの集い。

2017/08/24

 

学校撮影のカメラマンの集いをしました。
学校撮影っていうのは、遠足とか運動会とか、卒園式とか、、、そういう行事の撮影です。
撮影現場では写真を撮ることに大忙しで、なかなかカメラマン同士の交流ができないので
ゆっくりおしゃべりしながらご飯を食べる会を計画しました。



じつはカメラマンとしてのわたしの専攻(?)は、学校の写真撮影です。
学校の写真を撮る仕事をしたくて、カメラマンになったんです。

いまも学校撮影の仕事は続いているものの、最近はわたしが撮影に行けないことがほとんどです。なので、あちこちのカメラマンさんに手伝ってもらいながら続けています。
もう10年くらいの仲になる方もいます。

魅力あるカメラマンの皆さんに会うと、元気をもらえます。
(カメラマンさんって、いいひとが多いよね)

自分の生活と仕事がなるべくリンクする、そんな理由で選んだカメラマンという仕事。やっぱり良い仕事だなぁと感じます。


今度、弊社では学校のカメラマン(正社員予定)の募集も行います。
10年前に、わたし自身がこの仕事に魅力を感じたように
だれかがこの仕事の面白さを感じて、飛び込んできてくれたらうれしい!



わたしが10年前に考えていた、この仕事の良いところ!

1.結婚したり妊娠出産しても続けられる
(子供が学校へ行っているあいだに自分も学校の撮影へいく)
2.自分に子供が生まれる頃には良い写真が撮れるようになってそう、なっていたい
(なんやかんや、自分のこどもを撮影したいっていうのがあるよね)
3.学校や幼稚園に通っていると自分の幼い頃を思い出すことが多くて、自分を振り返ることができる
4.季節の行事撮影が多いので、季節の移り変わりを楽しめる
(七夕や節分、ひなまつりetc… etc…)
5.教育者でもないのに教育の現場を間近で目撃できる
(…先生たちの子供との向き合い方とても勉強になる!!)
6.写真を撮る以外の交流が割とたのしい
7.たまに園児がラブレターくれたりする。
(たまにお母さんからの感謝のお手紙が交じっていたりもした…涙)


…1.2.については、相手も決まっていないのにすごい妄想力ですね。
きっとまだまだある、この仕事の面白さ。
向いているひとにはとっても向いている。
求む、スクールカメラマン。

Copyright Photo Umore.all rights reserved.